読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

環境によって人間は変わる(湯布院の旅館と小豆島のホテルの人々を比べてみて)

f:id:sousuke1202:20170525114200j:plain

湯布院から小豆島に住居兼職場を移動した。
移動してまずはじめに感じたことは「人の雰囲気が全然違う!」ということ。

”湯布院の小さな旅館で出会った人々”と”小豆島の大きなホテル出会った人々”、全くもってそこにいる”人々”が醸し出す雰囲気が違うのだ。

ここで一つ仮説を立ててみる。

【環境によって人は変わる】

当たり前のような話だが、実際、その環境によってどのような人になるのか?

・「山に囲まれて生きている人」と「海に囲まれて生きている人」
・「狭い人間関係の中で生きている人」と「広い人間関係の中で生きている人」

 この二つの環境に違いによって、人間の精神に及ぼす影響を、僕の独断と偏見で書き記していく。

「山の人」と「海の人」の違い

「山の人」(湯布院に住む人)
・内向的→自分の内側に意識が向きやすい印象。考え事が捗る
・閉鎖的→外から来たものを受け入れない。とりあえず壁を作り、とりあえず拒絶しようとする

「海の人」(小豆島に住む人)
・外向的→他人に興味を持つ印象。自分と会話するよりも、他人と会話することを好む
・開放的→ウェルカム!いいよ!おいでよ!好きにしてって!楽しんでよ!ここ、いいところだからさ!という印象

「狭い人間関係の中で生きている人」と「広い人間関係の中で生きている人」の違い

「狭い人間関係」(小さな旅館で働く人々)
・人に気を使うことが少なくなり、良くも悪くも本音が増える。本音が毒々しいと居心地が悪い。平気で人を傷つけるようなことを言う。仲間内では楽しいのかもしれない。下品。中学校のクラスメイトのような。

「広い人間関係」(大きなホテルで働く人々)
・人への当たり前の気遣いができる。広いがゆえに気をつかう。本音ではなく建前が増える。どう見られているかを気にする。社会のような。

ぼくの湯布院での経験

ここからは、なぜ上記のように感じたのかを、湯布院と小豆島での経験とともに説明していく。

湯布院では部屋数10室少々の小さな旅館で働いていた。
初日、希望に満ち溢れた気持ちでフロントに行き、挨拶すると、
「え、あなた誰ですか?」
みたいな、”よそ者は受け入れるべからず”といった視線をぶつけられた。
その後の旅館に関する一連の説明にしても、なんだかすっごいぞんざいでぶっきらぼうだった(愚痴)

旅館内で初めて出会う人に対して「初めまして!」と爽やかに挨拶しても、誰も目を合わせてくれず、「おお、、」という言葉が返ってくるだけ。
「おや?みんな人見知りなのかな?」と思ってしまうほど。

初日からそんな感じなので、「仕事、大丈夫かな?」と一抹の不安を覚えたが、その不安は的中する。

仕事に関する説明がない。「自分で見て覚えろ」と言わんばかりの、説明不足っぷり。聞いたら聞いたで、「自分で考えればわかるやろ。」と言われ、自分で考えて動いてみたら「わからないなら聞けや!」と言われる始末(愚痴)

まぁ、そんなこんなで、ゆとり世代のぼくにはなんともやりづらい旅館だった。

湯布院の街の人々

また街で働く人々の関しても、旅館の人に通づる「閉鎖的な雰囲気」を感じた。
(旅館の人を起点とした悪印象が輪を広げていく)
観光地なので呼び込みをしている人はいるし、そう言った人はなんだか元気で見ていて清々しいのだが、カフェやお店の中で働いているウェイター・ウェイトレスさんに関しては、なんだか基本的に元気が無くて、さっぱりした印象を受けた。

「ここでも閉鎖的なのか・・・!」

もうここまでくると、自分が働いていた旅館云々ではなく、山々に囲まれた湯布院の特徴として捉えたほうがいいようだ。

神奈川から湯布院に移住した女性のお話

ある瀟洒な雑貨屋さんで、結婚を機に神奈川県・藤沢から湯布院に移住した女性に出会った。旦那さんの地元が湯布院だったのだ。

その女性曰く、湯布院には癖が強い人が多く、お店でも旅館でも、一人や二人は”変な人”がいるそう。
もともとその女性は海に囲まれて育ったので、オープンな気質を持っているのだが、その真逆とも言える湯布院の内向的というか閉鎖的な雰囲気に馴染めずに、だいぶ苦労したそうだ。今でも、「やっぱり藤沢に戻りたい!」と思うことがあるほどに。

その反面、湯布院には他県からの移住者も多く、移住者同士のコミュニティの中に入れれば、話が通じる人も増えて、楽しくなってくるのだそう。

ぼくは結局その楽しさを感じる間もなく湯布院を後にすることになってしまったが、「湯布院の楽しい一面」もみれていれば、また印象も大きく変わったのかもしれない。

湯布院で過ごしてよかったこと

山の中にいると、考え事がとっても捗る。
なんというか、昼と夜の違いのような。
例えば、昼だとさっぱりした考えになるが、夜だとぐるぐるネチネチと考えてしまう。
同じように、山に囲まれた環境のせいか、盆地であるからか、人間関係が悪かったせいか、横浜にいた頃よりも湯布院で過ごした一月半のほうが考え事が増えた。
考え事が増えたというよりも、より自分の内側深くに頭を沈めて、考えることができたように感じる。

これは考え事好きなぼくにとっては少し嬉しいことで、いつもでは考えつかないような深みまで考えが及ぶので、新たな発見が目白押しだった。

この「考えことが捗るかどうか」は、小豆島の海に囲まれた環境でもう少し過ごした上で、比較し、検討しようと思う。

小豆島のホテルの人

続いて、小豆島のホテルでの話。

移動初日。
まずはじめに総務の人からホテルの案内をしてもらったのだが、総務の人が優しい。すれ違う人みんなにぼくのことを紹介してくれて、会う人みんながいい人そう。
笑顔で自己紹介をしてくれて、興味を持ってくれる。

「どこから来たんですか?」
「今いくつなんですか?」
「誰に似てるって言われます?」
「じゃああだ名は”エアK”やね!」

ぼく「なんだろう、この受け入れらている感は・・・!!」

湯布院の人々とのギャップからか、なんだかとっても好印象!

食堂のおばちゃん「ほら、これも食べ。どんどん食べ」
送迎のおじちゃん「今日は雨やね。残念やね」
掃除のおばちゃん「なんでも聞いてね」
パントリーの女の子「緊張してるんですか?笑」
リラクの先輩「小豆島はどうや?笑」

ぼく「みんな・・・いい人すぎる!!」

ぼくが久しぶりに人々の温かみの触れた瞬間だった。
ここで今回の仮説が生まれた。

「なぜこんなにも人の雰囲気が違うのだろうか?」

”たまたま”で済ますには違和感を感じるほどの、人当たりの違い。

「もしかして、山の人と海の人で考え方とか変わるのか?そんなありきたりな違いがこんなにハッキリと現れるのだろうか?」

山と海の違いだけで済ませるには説明のつかない”違い”がそこにはあった。

「山と海の違い以外にも、もしや人間関係の広さが人当たりに関わってくるのか?」

海の人「どれもがいい」

”海の近くに住む人はおおらか”という話を聞く。

だから沖縄の人は時間を守らないのだと。
だから沖縄の人は昼間っからお酒を飲むのだと。
だから沖縄の人はあまり働かないのだと。

これは沖縄に限らず、あらゆる島人、海の近くに住む人に言えることなのかもしれない。

海はその悩みや考え事を大きな力で洗い流してくれる。
山では”内に内に”と向いていた意識が、海では外側にどんどん流れていくようなイメージ。
そう、海を眺めていると、たいていのことは”どうでも”よくなる。いや、”どれでも”よくなるのだ。

確かに、物書きや芸術家は自室や山にこもって、ひたすら自分の内面と向き合いながら創作活動を続けているイメージがある。
海では良くも悪くも、考え事が少なくなる。どれでもいいのだから、考えても無駄なのだ。

海は考え事が多くて困っている人、頭をリセットしたい人にはうってつけの場所なのかもしれないが、自分の内面と深く向き合うことが大好きなぼくにとっては、”どれでもいいか”という答えに帰結することが、少し怖い。

広い人間関係の中で生きる人「周りとうまくやろう」

狭い人間関係の中で生きていると、別に誰にどう思われようと、そう気を使わなくなる。お互いのことをよく知っているので、相手からどう思われようと、特に大きな問題に発展しないのだ。

だが広い人間関係の中で生きているとそうもいかない。
一人の人への悪印象が周りの多くの人へと伝わり、「あの人、なんか絡みづらいよね」というふうになり、孤立してしまうからだ。
狭い人間関係でも孤立しても別になんてことないが、広い人間関係の中で孤立すると、辛い。

例えば学校で、一人の同級生から嫌われてもなんてことないが、全校生徒に嫌われると死にたくなる。
だから、仲間内では素の自分を出しやすいが、全校生徒の前で何か話すとなると、緊張してしまう。

これまでは、「なるべく素の自分で生きていけたら、楽だろうな」と思っていたが、素の自分になることで他人への配慮が欠如し、下品で下衆な発言をするようになるのなら、「素の自分が出せなくても周りへの配慮を忘れない素晴らしい人に見られた方がいいのではないか」と思うようになった。

時には作り笑顔も必要だし、嘘でも人を気遣う言葉が必要なのだと思う。
そして、広い人間関係の中で生きていると、自然とそうせざるおえないのだ。

ぼくは自分が素でいられるよりも、たとえ取り繕ってでも、周りの人に心地よく過ごしてほしい。
周りの人々の居心地よさが、そのままぼくの居心地よさにつながるのだから。

【日記】湯布院から小豆島に移動してとっても幸せです

f:id:sousuke1202:20170525113823j:plain

最近の出来事を整理しておく。

①旅館の仕事をほぼクビになりました

以前書いた日記でも書いた通り、ぼくは自分の将来やりたいことをやるために、時間とお金を手に入れるために湯布院の旅館で住み込みの仕事をしている。

参考記事

そこでの仕事も人間関係も本当になんだかつまらなくて、接客が生き甲斐のぼくだけどなんだか旅館業務全般をやらされるは、お局さんからは毎日怒鳴られるは、
「はぁ、なんだか疲れちゃった」
という心境だった。

参考記事

ここまでは以前の記事でもお話しした通りで、今回はその後の話。

本来、その旅館での仕事は3ヶ月だったはずだが、派遣会社の担当さんから連絡が来て、旅館での仕事は1か月半で終わりになった。

担当さん「キクチさん、最近調子はどうですか?」
ぼく「正直、かなりシンドイです。最初に聞いていた接客の仕事は全然なくて、なぜか旅館業務全般やっているし、相変わらず例のお局さんからの当たりが強いので、ちょっとまいっていますね。」
担当さん「実は女将さんから連絡があって、『キクチさんはミスが多い』って。だから大丈夫かなって思ったんです。」
ぼく「えー、そうですね、ミスはとっても多いです。先輩から教わった通りにやってもお局さんに注意されるし、お局さんの言う通りにやってもお局さんに注意されるし、きっとミスがとっても多いと思います。」
担当さん「そうですか。もしなんだったら、場所、移動しますか?どうしても合う人・合わない人がありますし、無理に続けなくても大丈夫ですよ。」
ぼく「移動します!!」

ということで、移動することになった。

あまりにもアッサリ移動することが決まったので、これは多分女将さんから派遣会社に、「キクチは使えないから他の派遣スタッフをよこせ」というお達しが来たのだろうなと、予想している。
実際、お局さん云々を覗いても、「自分は天然なのかな?」と疑いたくなるほど、ミスが多かったのは事実なので、ぼくがポンコツなのは間違いなく、女将さんから「チェンジ」の要望があったとしてもうなずける。

実際のところはわからない。担当さんが、話すたびに元気がなくなるぼくを心配してくれたのかもしれないし、閑散期で人手がいらなくなったからかもしれない。

まぁ、理由はなんでもいい。
こうしてぼくは湯布院からの移動が決まった。

②そして、小豆島へ

f:id:sousuke1202:20170525113750j:plain

ぼくはリラクゼーションの仕事に飢えていた。
体を揉みたくてしょうがないし、接客がしたくてしょうがない。

リラクゼーションの接客は特殊だ。
普通、接客というと、飲食などではお客さんに料理を運ぶ瞬間しか接客するタイミングはないが、リラクゼーションではほとんどの時間が接客になる。
【ボディケア60分】だったら、60分間ずっと接客だ。
なんだこれ、天国か。楽しくてしょうがない。

旅館の仕事をしていて、気づいた。
「ぼくにはリラクゼーションの仕事が天職なのだ」と。
いや、リラクの仕事をしている時点で気付いてはいたが、リラク以外の仕事をするのがこんなにも苦痛なのだとは気付きもしなかった。

そんなわけで旅館の仕事をしながら、「次は、絶対リラクゼーションの仕事をする!」と、固く決意した。

だが、「リラクゼーションで住み込みの仕事」はほぼない。
「ホテルや旅館だとよくマッサージを呼ぶこともあるし、あるんじゃないの?」と言われるが、全然ない。ああいったマッサージは、だいたいホテルや旅館の外部から呼んでいるものなので、宿泊施設お抱えのマッサージ師というのはほとんどない。

でも、一つだけ見つけることができた。「リラクゼーションで住み込みの仕事」を。
それが今いる、小豆島にあるホテルだ。

③小豆島、最高!

f:id:sousuke1202:20170525113028j:plain

数日前、湯布院から小豆島に移動した。

小豆島、最高だ。
浜っ子の血が騒ぐのだろうか?
今までは「海か山だったら、山でしょ!」と思っており、湯布院の山々もそれはそれは気に入っていたのだが、今は完全に小豆島の海に魅了されている。
住んでいるところから海までは距離があるため気軽には行けないのだが、目に入る景色がだいたい海!広大な海と空! 
心が解放されるのを感じる。

多分、山に住んでいる人と海に住んでいる人で性格は変わる。
山に住むと内向的になり、海に住むと外向的になる。
どちらが良い・悪いというわけではなく、ただそうなるというだけの話。
そして、もともと山気質のぼくには、海の近くで過ごすのは何か良い影響があるように感じる。自分の幅が広がるような。「新しい自分、こんにちは!」できるかもしれない。

まだ仕事も始まっておらず、ひたすら散歩をしているだけだが、広い海と空に囲まれているせいか、とても気分がいい。
やりたい仕事もできるし、勤務時間も通し勤務だ。
人間関係もいい感じ。(人間関係の広さが人の広さになる、というお話もしたいな)
ご飯も美味しいし、お風呂も最高、部屋の見晴らしもよし。

今、ぼくはとっても幸せだ。

感情を俯瞰できないときの3つの解決策

https://www.instagram.com/p/BTkDq8DjtUo/

寂しい。苦しい。悲しい。

自分の内から湧き上がる負の感情に飲み込まれそうな時に有効なのは、”感情は波である”と捉えることだ。
感情は波のようで、「あの人に会いたい!」とか「この人と一緒にいたい!」といった”強い想い”という「海」があるからこそ、感情が波立つ。
だからそもそも「この人と一緒にいたい!」という想いがなければ、寂しさや苦しさを感じることはない。

そして感情に飲み込まれそうになった時は、感情の波から脱出して、はるか上空から自分の想いや感情を俯瞰すると、飲み込まれないで済む。

続きを読む

【感情のコントロール】想いは海、感情は波と捉える

https://www.instagram.com/p/BUQgYbyjVKT/

ぼくは時に【感情】を煩わしく感じる時がある。

「ぼくの感情なのに、全然ぼくの言うことを聞いてくれない」
「感情に振り回されて、全然ハッピーになれない」
「負の感情に飲み込まれないためにはどうすればいいんだろう?」

感情をコントロールしようと思いを巡らせた結果、ぼくの見つけた答えの一つが、「感情は波」と捉えることだった。

続きを読む

「大丈夫」という言葉の用法・用量をお守りください

https://www.instagram.com/p/BULxyuaDuhD/

 

ぼくは「大丈夫」という言葉が好きだ。

その言葉だけで安心するし、勇気が湧いてくる。
だから、親しい人が苦しんでいる時、悩んでいる時は「大丈夫」という言葉をかけてきた。

だが、「大丈夫」という言葉は、使いどころを間違うと、なんの効力も発揮しないどころか、逆効果になるということを、今回知った。

続きを読む

ぼくが「寂しい」という感情に飲み込まれた話と、それを通して気づいたこと

https://www.instagram.com/p/BTu59g_jp39/

ぼくは「寂しがり屋」ではない。
独りでも全然平気だし、むしろ楽だし楽しい。
だから今回の記事は、「寂しがり屋を克服したい」という人に向けたものではなく、「”寂しい”という感情へのぼくなりの考察」を書かせていただく。

独りでも平気なぼくが”寂しい”と感じたワケ

完全にプライベートなお話。

親しい人と連絡を取り合っていて、その人と連絡が取れなくなった。(というか、相手方がただ忙しくて、連絡ができなかっただけ)
そしたら自分でも引くくらいの寂しさに襲われた。

「え、なにこれ?なんでこんな寂しいの?別に一人なんて、今まで通りでしょ?」

なんでだろう?と考えてみた結果、この寂しさの正体が分かった。

「そうか。これまで毎日、当たり前のように連絡を取り合っていたから、急に連絡が取れなくなって、その反動で寂しく感じたのか。」

”寂しい”と”楽しい”は表裏一体

ここで仮説を立ててみる。

「"寂しい”と”楽しい”という感情は表裏一体なのではないか?」

これはあらゆる感情に適応できる。

”嬉しい”を感じるから”悲しい”を感じる。
”面白い”を感じるから”つまらない”を感じる。
”希望”を知っているから”絶望”を感じる。
”大切”だから、いなくなった時に”辛い”。
”安心”があるから”不安”がつきまとう。

「つまり、よっぽどあの人と連絡を取り合っているのが楽しかったのか。日々、当たり前に”嬉しい”を感じさせてもらってた。自分でも気づかないうちに、当たり前になってた。”幸せだなぁ”、”ありがたいなぁ”とは感じていたけど、どこかで実感が薄れていた。または幸せになれていたのか。」

”寂しい”と仲良くする

この感情はコントロールしようがない。
”楽しい”には”寂しい”がついてくるし、”嬉しい”には”悲しい”がついてくる。

できることなら、楽しいとか嬉しいとか、ハッピーな気持ちで日々を過ごしていきたいと願う。
むしろ、独りの時は、独りでも日々ハッピーを感じていた気がする。
ご飯が美味しくてハッピーだし、良い仕事ができてハッピーだし、体を動かしてハッピーだし、シャッフルで好きな曲が流れてきてハッピーだし。

でも、大切な人との関わりの中で感じる”ハッピー”は、独りで感じるそれとは比べものにならないほど、ぼくの心を強く動かした。

それはまるで”波”のよう。
ハッピーの波がブワーッ!!と押し寄せてくる。その波が引いていくと、とっても寂しく感じる。
波が大きければ大きいほど、引く勢いも大きいのだろう。

感情は自然現象のようなものだ。
コントロールしようとしても、溺れてしまうだけ。
だから、潔く受け入れるしかない。

「ああ、今すっごく寂しく感じるのは、あの時、よっぽど楽しかったんだろうな」って。

”楽しい”は”寂しい”も連れてくる。
だから”楽しい”と仲良くしたいなら、”寂しい”とも仲良くした方が良さそうだ。

「自分は未熟だ」と認める

「と、今となっては俯瞰してみれる感情も、その渦中にいるときは俯瞰してみるのはどうやら難しいらしい」というのが、今回の最も大きな気づきだ。

わかっているつもりだった。

「人と関わるなら、そりゃ楽しいことがあれば、辛いことや苦しいこともあるよな。」
「それが人付き合いの醍醐味なんだから、全部の感情を楽しめる、余裕のある自分でありたいな」

そう思っていた。
でも、そんなに甘くはなかった。ぼくは未熟だった。
はるか上空から眺めているつもりだった感情の海に、次の瞬間、投げ出されていたのだ。
頭ではわかっていても、感情には抗えない。もうお手上げだ。

そんなぼくに、助け舟を出してくれたのは結局、その親しい人だった。
その人から連絡があった瞬間に、自分でもびっくりするくらいに嬉しくなり、安堵していた。

どうしても寂しい時は、素直に伝える

自分の情動が面白くて、おかしくて、これまでの寂しさがなんだったのかと、バカらしく思えた。

「でも確かにあったあの”寂しさ”を甘くみてはいけない。また、きっと来る」
「お互い大人だし、また連絡が取れなくなる時もある」
「または、別のきっかけで寂しさや悲しさを感じる時はあるはずだ」
「そんな時、さてどうしよう?」

話し合った結果、【素直に伝えること】にした。

”寂しい”と感じるなら「寂しい!」と伝える。
忙しい時には、「忙しいからあまり連絡取れない!」と伝える。
それでも苦しい時には「大丈夫だよ」と伝える。
お互い苦しくならないように、話し合って、解決策を見つける。

ずっとハッピーでいたい。
あなたに寂しい思いをさせたくないし、ぼくも寂しい思いをしたくない。
だけど、寂しいと楽しいは表裏一体。
それを認めた上で、「じゃあ、お互いにずっとハッピーでいるためには、どうしようか?」と、素直に、誠実に話し合えばいい。

「社会人大学人見知り学部 卒業見込み」っていう本、知ってる?【PART5】

f:id:sousuke1202:20170509090757p:plain

今回も若林さんの本から僕が個人的に学んだこと、納得したことをご紹介していく。

ついつい人に厳しくしてしまう自分がいた。
相手の悪いところが目についてしまう自分がいた。
恋人と長続きしない自分がいた。

その全ての原因は、「自分を肯定できていないこと」が原因だった。
今日はそんなお話。

続きを読む