TUNING

自分でカラダを調えるための健康メディア

【辞めたい習慣がある人必見!】悪い習慣を辞めるためのトリガー活用例

f:id:sousuke1202:20170622101738j:plain

あらゆる習慣には、”その習慣の引き金となる行動”=「トリガー」がある。

トリガーを見つけると「悪い習慣を辞める」、「良い習慣を始める」ということが自由自在になる。

今日のテーマは「習慣のトリガー」

今回はとくに”悪い習慣を辞めるためのトリガー活用法”をお伝えする。
自分を変えるためにどうしても辞めたい習慣がある人は必見だ。

続きを読む

【習慣化の法則】悪い習慣を辞めて、良い習慣を始めるには何をすればいい?

f:id:sousuke1202:20170621105638j:plain

ストレッチ、ヨガ、トレーニング、マインドフルネス・・・。

「健康的な習慣”によって不調は解消する」

こうはわかっていても、なかなか習慣を継続できる人は少ない。
例えば「ストレッチを毎日やろう!」と思っていても、習慣化どころか行動に移すことすらできない人もいる。

なぜか?
その理由は2つ。

  • 悪い習慣があなたの時間を奪っているから
  • 良い習慣を行動に移すのがめんどくさいから

今日のテーマは「習慣化の法則

悪い習慣を辞めるには?
良い習慣を始めるには?

この二つの方法をご紹介する。

続きを読む

【あなたの本質は?】書くときに実践したい3つのポイント

f:id:sousuke1202:20170618130108j:plain

「書くことで願いが叶う」とまでは言わないが、「書くと願いがわかる」

あなたは自分の”想い”や”願い”を知っているだろうか?
理想や夢を想い描きはするが、実際に文字にする人はほとんどいないだろう。

人によって書く理由はさまざまだろうが、ここでの書くことの目的は「自分の想いや願いを知るため」だ。

「自分のことなんだからそんなことを知っているよ」という人もこれを機にぜひその想いを書き出してみてほしい。

書く習慣のない人にとっては、書くことを難しく考えている人もいるだろう。
書くことは簡単だ。だがコツがいる。

今日は自分の本質を知るための”書くポイント”を3つご紹介する。

続きを読む

【書く習慣を継続したい人へ】書き始める前に準備しておきたい3つのお気に入り

f:id:sousuke1202:20170619104559j:plain

書くことはいつでもどこでもできる。
紙とペンと椅子と机さえあれば好きなときに好きなことを書ける。
スマホやパソコンで打ち込んでしまっても構わない。

だがぼくのオススメは「お気に入りの道具で、お気に入りの場所で、お気に入りの時間に書くこと」だ。
なぜならこの方が書くことが楽しくなり、書くことを継続しやすくなるから。

今日のテーマは「書き始める前に準備しておきたいこと」

書く習慣のない人にとってはじめの一歩が難しい。
だからまずはあなたの”3つのお気に入り”を見つけに出かけてみよう。

続きを読む

【書く習慣】あなたの願いを叶える具体的な3つのステップ

f:id:sousuke1202:20170622103200j:plain

”日記をつけるといい”
”書くことで頭が整理される”

「書く」ことがなんとなく”良いこと”だとはわかる。
だが「書く」ことの本当の効果を理解している人は一体どれだけいるのだろう?

今日のテーマは「書く習慣であなたの願いを叶える方法

書く習慣を通して、あなたの願いを叶えるための3つの具体的なステップをご紹介する。

続きを読む

【習慣化の法則】意志が最弱のぼくが「健康習慣」を手に入れた2つの方法

f:id:sousuke1202:20170618124216j:plain

「体のために何かしたほうがいい」

そうは思っていても、自分の体のために何か行動を起こせている人はどれだけいるのだろう?

”たったの3分で肩こりを解消する体操”
”朝晩やるだけで腰痛がなくなるストレッチ”

不調を解消するための情報は毎日、テレビやネットからはいくらでも流れてくる。
だがそれを実際に行動に移し、毎日の習慣として行えている人はそんなに多くはないはずだ。

今日のテーマは「健康習慣を手に入れる方法

今回は意志が最弱なぼくの経験をベースにして、健康習慣を手に入れるための2つの方法をご紹介する。

続きを読む

【具体例】なぜあなたの肩こりは「対症療法」→「原因療法」という順番でアプローチすれば解消するのか?

f:id:sousuke1202:20170618122411j:plain

物事には順序というものがあり、ダンスや習字、スポーツを学ぶときでも、多くの場合は学ぶ順番というものが決まっている。

なぜならその順番で学んだ方がスムーズに学ぶことができて、より上達も早くなるからだ。

肩こり、腰痛、冷え性、むくみ、生理痛、頭痛、慢性疲労。
これらの不調を解消する時も同じように順序がある。
その順序とは「対症療法→原因療法」という順番だ。

では「対症療法」と「原因療法」とは一体何なのか?

今日は「不調を解消する上で知っておきたい、対症療法と原因療法について」、そして「あらゆる不調を解消するための順序」を、事例を交えながら説明していく。

続きを読む

【体の力を抜く方法③】解消編-意識とテクニックと環境で体の力を抜く方法

f:id:sousuke1202:20170611185025j:plain

脱力シリーズの第三弾だ。

第一弾【力を抜く①】では、肩こりや腰痛といったあなたの不調の原因が”体に力が入ること”にあること、自分が力んでいるかどうかのチェックリスト、体に力が入ってしまう原因についてお話しした。

第二弾【力を抜く②】では、体の力を抜くことによって得られる効果をお伝えした。

今回はいよいよ「体の力を抜くための具体的な方法」をお伝えする。

続きを読む

【体の力を抜く方法②】効果編-なぜ力を抜くと不調が解消するのか?

f:id:sousuke1202:20170618120932j:plain

前回の記事【体の力を抜く方法①】では下記のことを説明した。

・あなたの不調(肩こり・腰痛・冷え性・むくみ・生理痛・頭痛・慢性疲労など)は体に余計な力が入っていることが原因かもしれない
・力が入っている状態が心と体に具体的にどんな影響を及ぼすのか?
・力が入ってしまう原因とは?

前回の記事

そして今回は「体の力を抜くことの効果」についてを説明する。
【効果】を知ることで次回お伝えする「力を抜く方法」を行うモチベーションが高まるのを期待している。

先に概要を説明すると、脱力をすることによって得られる効果は大きくは3つだ。

①不調が解消する
②心に余裕が生まれる
③美しくなる

基本的には前回お伝えした、「力が入った体の状態」が解消される、ということなのだが、今回はより詳しく”なぜ体の力が抜けるとこれらの恩恵が受けられるのか?”についても解説していきたいと思う。

それでは、①〜③まで順に説明していこう。

続きを読む

【体の力を抜く方法①】原因編-もしかしてあなたも?体に力が入ることが不調の原因だった

f:id:sousuke1202:20170611215655j:plain

”体の力を抜くこと”ができれば、あなたを悩ませる肩こりや腰痛などの不調の多くは解消する。なぜなら不調の多くは「心身に余計な力が入ること」によって引き起こされるからだ。

今日のテーマは「体に力が入るということ

・”力が入る”とはどういう状態なのか?
・なぜ力が入ってしまうのか?

この二つを知ることが、心身の力を抜くための第一歩となる。

続きを読む