読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

ぼくが思うこと

【本音と建前】愛があるなら本音を言え。愛がないなら建前を言え

ぼくはいつでもどこでも誰にでも、素の自分でありたいと思って生きてきた。 だが、ぼくの考え方は変わった。 「いつでも”本音”じゃなくてもいい」 「本音と建前をうまく使い分けていこう」 その方が、自分も周り人々もハッピーに過ごせるからだ。

環境によって人間は変わる(湯布院の旅館と小豆島のホテルの人々を比べてみて)

湯布院から小豆島に住居兼職場を移動した。移動してまずはじめに感じたことは「人の雰囲気が全然違う!」ということ。 ”湯布院の小さな旅館で出会った人々”と”小豆島の大きなホテル出会った人々”、全くもってそこにいる”人々”が醸し出す雰囲気が違うのだ。 …

【日記】湯布院から小豆島に移動してとっても幸せです

最近の出来事を整理しておく。 ①旅館の仕事をほぼクビになりました 以前書いた日記でも書いた通り、ぼくは自分の将来やりたいことをやるために、時間とお金を手に入れるために湯布院の旅館で住み込みの仕事をしている。

感情を俯瞰できないときの3つの解決策

いくら頭ではその感情の出所がわかっていても、俯瞰して見れない時がある。 例えば、好意を抱いている人からの連絡が少ない時。 「寂しい。わかっている。この”寂しい”という気持ちは、それだけあの人のことが大切なんだ。一緒にいたいんだ。連絡が欲しいん…

【感情のコントロール】想いは海、感情は波と捉える

ぼくは時に【感情】を煩わしく感じる時がある。 「ぼくの感情なのに、全然ぼくの言うことを聞いてくれない」 「感情に振り回されて、全然ハッピーになれない」 「負の感情に飲み込まれないためにはどうすればいいんだろう?」 感情をコントロールしようと思…

「大丈夫」という言葉の用法・用量をお守りください

ぼくは「大丈夫」という言葉が好きだ。 その言葉だけで安心するし、勇気が湧いてくる。 だから、大切な人が苦しんでいる時、悩んでいる時は「大丈夫」という言葉をかけてきた。 だが、「大丈夫」という言葉は、使いどころを間違うと、なんの効力も発揮しない…

ぼくが「寂しい」という感情に飲み込まれた話と、それを通して気づいたこと

ぼくは「寂しがり屋」ではない。 独りでも全然平気だし、むしろ楽だし楽しい。 だから今回の記事は、「寂しがり屋を克服したい」という人に向けたものではなく、「”寂しい”という感情へのぼくなりの考察」を書かせていただく。

「社会人大学人見知り学部 卒業見込み」っていう本、知ってる?【PART5】

今回も若林さんの本から僕が個人的に学んだこと、納得したことをご紹介していく。 ついつい人に厳しくしてしまう自分がいた。 相手の悪いところが目についてしまう自分がいた。 恋人と長続きしない自分がいた。 その全ての原因は、「自分を肯定できていない…

ブログを書けなくなった僕がブログを書くために個人的に工夫していること

今回は「ブログを書くために僕が今工夫していること」についてをブログを書きながら考えてみる。(ちなみに効果は未知数だ)

僕がブログを書けなくなった超個人的な理由

書きたいことは腐るほどあるのに、全然手が動かない。 なぜか? 今回はブログを書きながらブログを書けなくなったら理由を考えてみる。

僕が個人的に考える”スタバの居心地の良さ”の理由

大切な人や物は、往々にして失ってから気付くものだ。 僕にとってのスタバも然り。 今回は、失って気づいたスタバの居心地の良さを、スタバのない湯布院の山奥からお送りする。

【思うこと】だから私は「職場の人間関係」を諦めることにした

「いい人間関係でいい仕事ができる」 この思いは今も変わらないが、「いい人間関係を築くために失うものが大きいのなら、”いい人間関係”なんてさっさと諦めればいい」と思うようになった。 もっとわかりやすく言うと、「”悪い人間関係で働くストレスと”良い…

【ただの日記】毎日罵倒されていますが、それでも私は元気です

後半はかなり愚痴っぽくなってしまい、申し訳ない。でもこの2週間で、多くのことを学ぶことができた。 学んだことを一言でまとめると「すべて自分次第」ということ。

【ブログをはじめた理由】「レストラン」よりも「お料理教室」を開きたかったから

私は「レストラン」よりも「お料理教室」を開きたいと思う。 「美味しい料理を提供する」よりも、「美味しい料理を作れることを教えてあげたい」。 つまり「お客さんの体を整える」よりも「お客さんに体の調え方を伝える」ということをしていきたい。 最初に…

【ブログをはじめた理由】自分の理想とする「生き方」や「働き方」を実現するために

私はとても傲慢でわがままで自分勝手な人間だ。 「こう生きたい!」という想いが強く、その想いを譲らない。すべてを自分の思い通りにしたいと思っている。 ブログは「自分のやりたいことをやるため」に最適なツールだ。

【ブログをはじめた理由】美しい世界平和のため

「美しい人は世界を平和にする」 私はこんな風に考えている。 なぜなら「美しい人を見ると嬉しくなるから」 こう言うと、なんか気持ち悪く聞こえるかもしれないが、私は本当にこのように感じる。 きっと私以外にも「美しい人を見て嬉しくなる人・気分が良く…

【ブログをはじめた理由】気持ちのいい自分でいるため

このブログを読んでくれた人が生活の何かを変えてくれて、自分のカラダとの向き合い方を変えてくれて、少しでも健康でポジティブで優しくて気持ちがいい人になってくれたら、それが回り回って自分に返ってくるかなって思った。 だからみんなこのブログを読ん…