読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

「不調を解消すること」は「スポーツ選手になること」とほぼ同じ

今回は「本質的な健康のためには自分で体を動かす必要がある」理由について詳しく説明していく。 「いくら筋肉を緩めても、関節の動きを良くしても、骨格を整えても、その場では体が楽になるけど、またすぐに元に戻ってしまう」 「手技では限界があるのでは…

「施術者」が「不調に悩む人」のためにできるたった2つのこと

施術者は健康に関する”あること”を勘違いしている人がいる。 またはあえて知らんぷりしているか、気付かないふりをしているのだと思う。 そのあることとは、「”手技療法”では本質的な健康は手に入らない」ということ。 理由は2つある。

”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”の考え方が変われば、健康が当たり前になる

この日本の現状に大きな違和感を感じる 「 ”不健康が当たり前の世界”から”健康が当たり前の世界”に変えるためには一体何をどう変えればいいのだろうか?」 健康が当たり前の世界を創るためには、”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”、この二人の「考え方」…

姿勢は”表情”と同じ。悲しい時は背中を丸めて泣いたっていい

今回お話ししたいのは、「”良い姿勢”はその時の状況や感情や環境によって変わる」というものだ。 姿勢が悪いことを悩んでいる人 肩こりや腰痛などの不調はすべて、姿勢をよくすれば解消されると思っている人 今回の記事はこんな人にオススメだ。

【カラダの声を聴く】「歪み」は体を守るためだから勝手に整えないでください

整体や治療院などの「手技療法」のお店へ行くとよく聞く言葉。 「骨盤が歪んでいますね」 「背骨が曲がっていますね」 「頭が傾いていますね」 「脚の長さが違いますね」 これってとってもデリカシーのない言葉だと思う。

「原因解消型」では不調は解消しないから、「理想追求型」へシフトしよう

あなたのカラダはひとつの意思のある生き物だ。日々変化している。原因という型にはめようとしても無駄だし、外側からコントロールしようとしても言うことを聞いてくれない。 まずはカラダの声を聴くことから。それが理想を追求することでもあり、本質的な健…

依存型のボディワーカーやお客さんは一生不調のまんまだから、自立型になってください

もし本当に不調を解消したいなら、お店側もお客さん側も依存型ではいけないです。そのままでは一生不調なんて解消しないから。 あなたは依存型のボディワーカーですか?お客さんですか? それとも自立型のボディワーカーですか?お客さんですか?