ぼくが「寂しい」という感情に飲み込まれた話と、それを通して気づいたこと

ぼくは「寂しがり屋」ではない。 独りでも全然平気だし、むしろ楽だし楽しい。 だから今回の記事は、「寂しがり屋を克服したい」という人に向けたものではなく、「”寂しい”という感情へのぼくなりの考察」を書かせていただく。