読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

本質的な健康を手に入れるために知りたい4つの考え方

カラダを調える考え方

f:id:sousuke1202:20170226212341j:plain

今回は「不調を解消して、本質的な健康を手に入れるための4つの考え方」を説明する。

まず、ここでいう”不調”とは不定愁訴のことだ。病名がつくほどではないけど、なんか調子が悪い、なんか気になる、というような症状のこと。

具体的にいうと、

・肩こり
・頭痛
冷え性
・むくみ
・腰痛
・生理痛
・慢性疲労

などの症状をすべてひっくるめて、”不調”と呼ぶことにする。

 そして、このブログで目指している”本質的な健康”とは「自分自身の力によって手に入れた健康」、「内側から調えることで手に入れた健康」だ。

不調に悩む多くの人は、お店や薬などの”外からの力”に頼って、一時的に症状をなくすことをするが、それでは根本的な解決にはならないし、それはこれを呼んでいるあなた自身も気づいていることだろう。

これだけ医学が進歩して、これだけ健康情報が溢れていて、これだけ多くのリラくゼーションサロンや整体・整骨院などの「不調を解消するためのお店」があるのにもかかわらず、いまだにあなたの不調が解消していなことを見れば、現状の「不調への向き合い方」、「健康を手に入れるための考え方」が間違っていることは一目瞭然だ。

では一体どうすればあなたの不調は解消するのか?

それにはあなたの健康に関する根本的な”考え方”を変える必要がある。
考え方を変えれば、体との向き合い方が変わり、「どうすれば不調を解消することができるのか?」がわかるようになるからだ。

では早速、不調解消のための根本的な4つの考え方を順を追って説明していこう。

 

①カラダの声を聴く

いきなり漠然とした表現だが、”カラダの声を聴く”とはつまり、「自分のカラダの感覚を研ぎ澄ませる」、「自分のカラダの反応を感じるように意識をする」ということだ。

これは一体どういうことかというと、まず不調を解消するためには「なぜ不調になるのか?」という”原因”を知る必要がある。

どんな時に肩こりを感じるのか?
何をすると腰痛が強くなるのか?
頭痛を感じるのは朝か、夜か、または天候による影響か?

こういった、「自分のカラダの変化」に意識的に感じることで、不調の原因を突き止めることができ、原因を解消するための方法を見つけることができる。

あなた自身も不調に悩んで病院や整体院に行った時に、症状について根ほり葉ほり聴かれたことがあると思う。
こういった”問診”や”ヒアリング”を「自分のカラダに対してやろう」というのが”カラダの声を聴く”ということだ。

体に関する知識を身につけて、カラダの声を聴くことができれば、いちいち他人に任せなくても自分で自分のカラダを調えることができる。

「頭が割れるように痛い」、「肩が痛くて腕が上がらない」、「腰が痛くて歩くこともできない」というような症状が重い場合は体の専門家にお任せする方が賢明だが、それ以下の不調なら自分で解消することができるし、自分でしか解消できない。

そのための第一歩が「カラダの声を聴く」ということを覚えておこう。

②自分で体を動かす

不調は”自分で体を動かす”ことでしか解消しない。
なぜならほとんどの不調は”筋力不足”や”間違った体の使い方”によって引き起こされ、筋力をつけたり、正しい体の使い方を身につけるためには、必ず自分で体を動かす必要があるからだ。

「は?どういうこと?」という方のため例をあげてみよう。

例えば肩こり。
”肩こり”とは「肩の筋肉が硬くなった状態、または肩の不快感」のことをいう。だから硬くなった肩の筋肉をマッサージなどで緩めれば一時的には楽になる。だがまたすぐに元に戻ってしまう。なぜなら「肩の筋肉が硬くなる原因」があるから。その原因を取り除かない限りは、またすぐに肩こりになってしまう。
そして「肩の筋肉が硬くなる原因」をざっくりあげてみると、

・筋力不足で姿勢が悪くなり、肩の筋肉に負担がかかっているから
・運動不足や小手先の動き(間違った体の使い方)ばかりしてしまい、肩の筋肉を動かさないから

などが考えられる。

(もちろんこのほかにも内臓やメンタル、生活習慣の問題もあるが、全部説明するとややこしくなるのでここでは説明をはぶく)

そして美しい姿勢を保つための筋力をつけるためには自分で筋肉に負荷をかけながら体を動かす必要があるし、「正しい体の使い方」を覚えるためには、”正しい体の使い方の練習を自分でする”必要がある。

どんなにリラクゼーションサロンや整体・整骨院に通って、どんなに体を動かしてもらったり骨格を整えてもらったとしても、筋力をつけることはできないし、正しい体の使い方をマスターすることはできない。

これはあまりにも当たり前のことだが、意外と知らない人が多い。
だからこそ「不調を解消するためにサロンや治療院に通っているのに一向に良くならない」という人が溢れているんだ。

サロンや治療院へ通う人の心理として、「自分でセルフケアとか運動することが面倒くさい、または時間がない。だからプロに任せて、楽に不調を解消したい」というものがあるだろう。
だがもし自分で体を動かす気がないなら、一生不調に悩まされ、一生サロンや治療院にお金を貢ぐことになるだろう。

③心と体、両方調える

心と体は繋がっている。
肉体的な不調が精神的な不調を引き起こすように、精神的な不調が肉体的な不調を引き起こす。

例えばストレスを感じると、呼吸は浅くなり、血流は悪化して、免疫力は低下し、”筋肉の硬直”を始めとする様々な不調を引き起こすことになる。

だから”筋肉をつける”、”正しい体の使い方を練習する”といった「体へのアプローチ」と一緒に、メンタルストレスを解消する、またはストレスに強い心を作り上げるための「心へのアプローチ」もした方が、不調は解消されやすい。

では心へアプローチするには一体どすればいいのか?

それには女性の間で強い支持を得ている「ヨガ」にヒントが隠されている。

ヨガもともとアーサナ(ポーズ)を通して自分の状態を観察し、心に平穏を取り戻すために行われる。
平たく言うと「ヨガにはストレスを解消し、ストレスを感じにくい心を作る効果がある」ということだ。

ヨガを行う上でのポイントは「呼吸」と「マインドフルネス=今ここに集中する」ことだ。
深呼吸をすることで心が落ち着くように、アーサナに合わせて呼吸を深くゆっくりと行うことで、自律神経が調い、ストレスが解消される。
マインドフルネス=呼吸や自分の体へ意識を向けることで、過去への不満や未来への不安、他人への感情などのネガティブなマインドから解放される。

あまり難しく考えないでほしい。

肩こりや腰痛といった不調は肉体的な問題だけでなく、精神的な問題=ストレスによっても引き起こされる。
体を調えるためには体を動かす必要があるように、心を調えるためには心を鎮める必要がある。
心を鎮めるためには呼吸とマインドフルネスが効果的。
だから呼吸やマインドフルネスを意識しよう!ということだ。

④毎日チューニングをする

不調を解消するためには「心と体の両方を調えること」はわかった。仮に、心身を調えることを”チューニング”と呼ぶことにする。

ではどのくらいの頻度でチューニングを行えば不調は解消するのだろう?

基本的には”毎日”だ。毎日チューニングをすることで、不調は解消するし、不調になりにくい心と体を作り上げることができる。

「毎日?そんな時間ないよ〜!」

と思ったそこのあなた、甘い。甘すぎる。

スマホやパソコンが普及する前だったら、または車や電車、エレベーターやエスカレーターが当たり前になる前の世界なら、毎日チューニングをする必要もなかったかもしれない。

だが現代では電子機器や便利な移動手段のおかげでほとんど体を動かす必要がなくなってしまった。
つまり肉体への疲労は毎日溜まっていくということだ。

毎日食事をすれば口の中が汚れる。だから毎日歯磨きをする。
生活をしていれば汗やほこりによって皮膚が汚れる。だから毎日お風呂に入る。
同じように、現代で普通に生活をしていれば心にも体にもどんどん疲労は溜まっていく。だから毎日チューニングをして、心と体の疲労を解消する。

ごくごく当たり前のことだが、多くの人はその必要がないと思っている。
1・2週間に1回、サロンや治療院で体を整えたり、ヨガで心身のデトックスをすればそれで済むと、健康を維持できると思い込んでいる。

だが残念ながらそれでは足りない。なぜなら時代が変わったから。

そしてこの事実はなかなか受け入れがたいものかもしれない。
歯磨きや入浴は小さい頃から親に教えられて習慣化しているが、大人になってから、こんなブログに書かれていることを習慣化しようと思っても、なかなかできないとは思う。

だが日々充実した生活を送るセレブやモデル、または重大な決断を迫られることの多い経営者などが、日々の習慣の一つにランニングやヨガ、トレーニングや瞑想などのチューニングを取り入れていることは、あなたも知っているのではないだろうか?

「私はそんなセレブでもモデルでも、ましてや経営者でもないから、そんな毎日自分のことに時間はかけていられない」

と思うだろうか?

覚えておいてほしい。
あなたのカラダの経営者はあなたであることを。
あなたの人生、あなたの世界はあなた自身で創っていて、不調によってあなたの人生や世界は歪んでしまうということを。
あなたが思っている以上に、あなたは不調によって人生を狂わせているということを。

だからどうか、自分のカラダを大切にしてほしい。
あなたのカラダはあなただけのモノではなくて、あなたの大切な人にとっても、とても大切だということを知っておいてほしい。

そして、日々カラダの声を聴き、向き合い、チューニングをすることで、あなたは自分の人生を取り戻すことができるのだから。

まとめ

大きな変化を起こすためには、考え方を変える必要がある。
そしてあなたの体に変化を起こす、つまり不調を解消し、本質的な健康を手に入れるための考え方は4つだ。

・カラダの声を聴く
・自分で体を動かす
・心と体、両方を調える
・毎日チューニングをする

どれも初めて聞いたものばかりで、戸惑う人も多いかもしれない。またはここまで自分で労力をかけなくても不調は解消する、と信じたい人もいるかもしれない。

もちろん、カラダが「毎日チューニングしなくていいよ、2日に1回でいいよ」と言うかもしれないし、「この不調はメンタルからきてるから瞑想だけちゃんとやれば肩こりは楽になるよ」ということもあるかもしれない。

何はともあれ、「カラダの声を聴く」が健康への第一歩だということだ。
逆言えば、カラダの声を聴くことができれば、健康情報を求めてネットサーフィンをし続けなくても、高いお金と時間をかけてお店へ通い続ける必要もなくなるということ。
カラダの声を聴くことができれば、何を・どのくらい・どうやって行えば不調が解消するのかがわかるようになる。

より少ない時間と労力とお金で、健康を手に入れることができるようになるということだ。

そして今回お話ししたことは”考え方”なので、「具体的にどうすればいいの?」という話はまた別の記事でお伝えしたい。

(別の記事が待てないという人はこちらhttp://b-dialogue.comのサイトを参考にしてほしい)

 

健康が当たり前の世界になりますように。