読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

【カラダの声を聴く】不調を解消するためには「何をすると調子が良くなるか?」を意識する

カラダを調える考え方

f:id:sousuke1202:20170227225611j:plain

肩こりや腰痛など、あらゆる不調を解消する上で欠かせないのが、「カラダの声を聴く」ということだ。

「カラダの声を聴く」というと、なんだか特別な力のように聞こえるかもしれないがそんなことはない。

「カラダの声を聴く」ことを簡単に言うと「自分の体の感覚を研ぎ澄ませる」ということだ。

誰にでもあるはずだ。
これをやると肩こりが増す。腰の痛みがひどくなる。体が冷える。足がむくむ。頭痛がひどくなる。生理痛がひどくなる。疲労感が増す。

反対に調子が良くなる時もあるはずだ。
調子が良く、痛みや不快感をほとんど感じないとき。いつもよりも体が軽く、頭がクリアなとき。誰にでも優しくできそうなとき。

「カラダの声を聴く」とは、”何をすると、カラダはどうなるのか?”というのを意識するということ。

カラダの声を聴けるようになれば、どんなときに不調になり、どんなときに調子が良くなるのかがわかるようになる。

例をあげながら詳しく説明していこう。

なぜわざわざ「カラダの声を聴く必要」があるのか?

カラダの声を聴く理由の一つは、「自分にあった不調の解消法を見つけるため」だ。

例えばあなたが腰痛に悩んでいるとして、そして世の中には実に多くの腰痛解消法が溢れている。
本屋の「健康本関連」のスペースへ行けば、簡単にわかりやすくキャッチーなネーミングの腰痛解消本が平積みされているし、ネットで「腰痛 解消法」と検索すれば、数万ページもの腰痛解消関連のサイトが表示される。
また整体院やリラクゼーション、治療院でも「骨盤矯正」や「骨盤ストレッチ」など、腰痛に効果のありそうなネーミングのコースが溢れている。

こんな世の中でも、なぜかあなたはいまだ腰痛に悩まされている。

なぜか?

それは「あなたに合った腰痛解消法ではないから」だ。

どの腰痛解消本に書かれていることも、サイトに書かれいていることも、ボディワーカーが「腰痛解消得意です!」と言っていることも、すべてウソではない。
どんな人にも、一定の効果がある。

だがそれらが、「あなたの体に合っているとは限らない」ということだ。

どんなに効果的な腰痛解消法も、あなたの体に合っていなければ、あまり効果を発揮しない。
これは肩こり、冷え性、生理痛、むくみ、頭痛、慢性疲労、姿勢不良など、すべての不調において同じことが言える。

では自分にあった腰痛解消法を見つけるにはどうすればいいのか?
カラダに答えを聴けばいい。
どんな腰痛の解消法がわたしには合っているのか?
肩こりは?冷え性は?むくみは?

すべてカラダが答えを知っている。

具体的にどうやってカラダに聴けばいいのか?

基本的にはただ意識をすればいい。

例をあげてみよう。

まず「健康の三大要素」と言われるのが、

・睡眠
・食事
・運動

だ。

この三つのうちどれかのバランスが崩れたり、不足したりすると、健康を害すると言われる。

わかりやすく「食事」を例にしてみよう。

不調の解消法と同じく、世の中には様々な食事法がある。そしてモノによっては全く正反対のことを言っているものもある。
なぜか?
人によって「合う食事法」が違うから。

一日一食が合う人もいれば、三食が合う人もいる。
朝食抜きが合う人もいれば、朝食ありが合う人もいる。
玄米が合う人もいれば、白米が合う人もいる。

そして何が合うかは、実際に食べて、その後の調子を見てみないとわからないだろう。
わたしはこう言った健康関連の情報を自分のカラダで試すのが好きなので、一通り試してみた。
1週間から1か月ほど試してみて、どちらが自分のカラダに合うか、つまりカラダの調子が良くなるのかを感じてみる。

わたしの場合は、「一日二・三食」、「朝食あり」、「玄米食」がカラダに合っていた。
朝食抜きだと、午前中に頭がぼーっとしてしまう。
玄米食だと便通がいい。
一日一食だとお腹が空いて、頭がぼーっとしてしまう。
二食か三食かは食べ物の内容や食べる時間帯によって変わるので、カラダと相談する。

もちろん人によってはわたしと真逆の人もいるだろう。
合うか合わないかは試して、カラダに聴いてみないとわからない。

睡眠も同じだ。

6時間睡眠
7時間睡眠
8時間睡眠

何時間寝るのが合うかは人によって違う。

真っ暗の方が寝やすい人もいれば、薄暗い方がいいという人もいる。

枕の高さも、ベッドの高さも、合う合わないは人によって違う。

そして運動も同じ。

ランニングをすると元気になる人もいれば、ランニングするとただ疲れるだけの人もいる。
ヨガを悩んでいた肩こりや腰痛が解消する人もいれば、全く効果を感じられないという人もいる。
トレーニングによって冷え性や生理痛が解消する人もいれば、逆に冷えや生理痛が悪化する人もいるだろう。

試してみればいい。
試して、続けて、カラダに聴いて、カラダが喜ぶ=不調が解消され、調子が良くなれば続ければいいし、全く効果を感じられないなら、また別のセルフケア法を試してみればいい。

まとめ

・不調を解消するためには自分にあったセルフケア方法を見つければいい
・自分にあったセルフケア方法を見つけるには、カラダに聴けばいい
・セルフケアをやって腰痛や肩こりが減るなら合っているかもしれない、あまり変わらないなら合っていないかもしれない

ここまで読んで、いくつか不満に思うことがあるだろう。

「でもセルフケア法なんて無数にあるからそんなの全部を試していられない!」
「本当に調子が良くなっているのか、自分に合っているのかが良く分からない!」

こういう人のために”インナーチューニング”がある。
インナーチューニングは常にカラダの声を聴きながら行い、自分で自分のカラダにあったチューニングプログラムを作り上げることができる。

インナーチューニングについて、詳しくは以下のリンクを見てみてほしい。きっと参考になるはずだ。
(こちらのサイトもこれから記事を追加してくので、楽しみにしていてほしい。)

また、
「カラダの声が聴こえない」
「調子が良くなっているかどうかが分からない」
という人もいると思う。

そういう人は”アタマ優位”、”アウターマインド”になっている可能性がある。
これに関してはまた別の記事で説明しよう。

健康が当たり前の世界になりますように。