読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

なぜ整体院や治療院へ通っても「本質的な健康」が手に入らないのか?

カラダを調える考え方

f:id:sousuke1202:20170301195644j:plain

日本には実に多くの整体院や治療院が存在し、今やコンビニよりも多いと言われている。
そして不調に悩む人の多くが整体院や治療院へ通い詰めている。
だが本当に不調を解消し、本質的な健康を手に入れたいのなら「整体院通い」をやめたほうがいい。

「そんなこと言われても、整体師の先生から”2週間に1度は来てくださいね”って言われてるんだけど。行かなくなったらまた体が辛くなっちゃうし」

という人もいるだろう。

そして多くの整体院や治療院などの「手技療法」のお店では、患者さんやお客さんに対して、

「不調を解消し、快適な日常を送るためにはお店に通い続ける必要がある」
「定期的に通えばいずれ肩こりや腰痛などの不調はなくなる」

と甘い誘惑を言い続ける。

だがここではっきりというと、手技療法のお店へ通っているだけではほとんど不調は解消しない。一時的には良くなるが、またすぐに元に戻ってしまう。
それは今これを読んでいるあなたも感じているはずだ。

ではなぜ整体院や治療院などの手技療法のお店へ通い続けても不調は解消しないのか?一時的に良くなってもすぐに元に戻ってしまうのか?

それは手技療法では「カラダが自分で良くなろうとする力=自然治癒力」を奪ってしまうことになるからだ。

どういうことか?例をあげながら詳しく説明していこう。

自然治癒力を「引き出す整体」と「奪う整体」

まず「”整体”には2種類」あると、わたしは考えている。

①自然治癒力(体の機能)を引き出すための整体
②自然治癒力(体の機能)を奪う整体

人にはもともと「自然治癒力」というものが備わっているので、肩こりでも腰痛でも冷え性でもむくみでも頭痛でも生理痛でも慢性疲労でも、「自分で良くしよう」という力が発揮されている。

肩こりや腰痛などの「慢性的な不調」に悩まされている人は、「何らかの原因」によって自然治癒力が弱っている可能性がある。

この「何らかの原因」は体の専門家によって捉え方が変わる。

鍼やお灸をする「鍼灸師」は、”気血水の流れが乱れている、淀んでいるから自然治癒力が弱っている”と考える。だからツボに鍼を刺したりお灸をすえることによって気血水の流れを改善しようとする。
骨格を調整する「カイロプラクター」は、”骨盤や背骨の歪みによって自然治癒力が弱っている”と考える。だからバキボキと骨盤や背骨の歪みを整える。
「整体師」は括りがかなり大きくなるので、その団体によって考え方も多少変わるが、”筋肉の硬直や骨格の歪みによって自然治癒力が弱っている”と考えるので、筋肉を緩めたり温めたり動かすことで、体を整えて自然治癒力を引き出そうとする。

そしてここからが本題だ。

「体は外からの力で整えすぎると、逆に自然治癒力を奪ってしまう」ということを覚えておいてほしい。

これはどういうことかというと、

「外からの力で体を良くする→カラダは自然治癒力を発揮する必要がなくなる→自然治癒力が弱る」

ということ。

外からの力で体を良くする(良くしすぎる)整体が”自然治癒力を奪う整体”だ。

「歯の磨き方を教える」=体の機能を引き出す整体。「歯をすべて磨いてあげる」=体の機能を奪う整体

この原理は「子育て」を例にすると分かりやすい。

小さな子供に、「歯の磨き方」を教えるにはどうすればいいのだろうか?

①まずは親が子供の歯を磨いてあげる
②子供に歯ブラシを握らせて、一緒に歯を磨く
③子供に最初から最後まで歯を磨かせる

こういったステップを踏むことで、子供は「歯の磨き方」を覚える。

だが「体の機能を奪う整体」、「必要以上に完璧に整えること」をしてしまうというのは、「最初から最後まで親が子供の歯を磨く」ということに他ならない。

確かにその場では歯はキレイになるだろう。だが全部やってしまっては子供が歯の磨き方を覚えることはない。自分で歯を磨かなくても親がやってくれるから、”歯の磨き方”を覚える必要がない。

同じように、整体をすることでその場では体は楽になるだろう。だが全部整えてしまうと、カラダが自分でよくなろうとする力を奪ってしまう。自分で体を整えなくても外から整えてくれるから。自分で整える必要がない。
つまり、ずっと整体師や治療家などのプロに体を任せないと、健康を保てない体になってしまう。

「で、不調を解消するためにはどうすればいいの?」
→「本当に辛いならプロに手に頼る。ある程度良くなったら自分で動かす」

日常生活を送るのに支障が出るほど、あまりにも大きく体が歪んでいる場合は整体をした方がいい。
なぜなら、そこまで行くと自分の力ではどうにもならないから。プロの力によって、必要最低限整える。そうすると体の機能を引き出すことができるから。

そしてある程度体が整ったら、質の良い運動をしよう。より体の機能を引き出すためには、自然治癒力を引き出すためには「自分で体を動かすこと」が一番だ。

ここで注意したいポイントが2点ある。

1つは先に言った通り「”ある程度体が整った状態”で運動を始めること」
筋肉がガチガチ硬かったり、体がガタガタに歪んでいる状態で運動を始めてもあまり意味がないどころか、逆に怪我をしたり体を痛めてしまうことになりかねない。
これは素人ランナーや筋トレマニアなどの「運動ジャンキー」にありがちだ。

すべての不調を自分でなんとかできると思い込み、カラダの声を無視して無理な運動を続けてしまう。健康のために始めたはずの運動が、結果的に体を痛めつけることにつながってしまう。

そしてもう一つの点は、「質のいい運動をすること」
これは先ほど言った事と重複してしまう部分もあるが、いくら体が整っていても、無理なランニングを長期間続けたり、あまりに強い負荷の筋トレを続ければ、それは体を痛める事になる。

逆に多少体が歪んでいたとしても、正しい順序で体に合った運動をする事ができれば、自然と体は整っていき、自らの力で体の機能を引き出す事ができるということだ。

まとめ

きっと気になるのが、「”正しい順序で体に合った運動”って何をすればいいの?」ということだと思う。
これに関しては「カラダの声に従う」ことが一番だが、よくわからないという人は「インナーチューニング」をやってほしい。

今回の話をまとめると、

・整体などで体を外からの力で整えすぎてしまうと、自然治癒力を奪ってしまい、逆に不調に悩まされ続けることになる
・本当に体がガタガタなら整体はしたほうがいいけど、そうじゃなければ自分で運動したほうが本質的な健康が手に入るよ

という2点だ。

そして実のところ、本当に「プロの整体」を必要とする人はそんなに多くはない。
強い痛みを感じるほど体がガタガタに歪んでいるなら話は別だが、ほとんどは多少歪んでいる程度だ。
その程度の歪みは自分でなんとかできるし、そもそも人間の体は多少歪んでいるのが”自然”だ。

それでも、「どうしてもめんどくさいから人になんとかしてもらいたい」という人もいるかもしれない。

そういう人は、「本質的な健康」を手に入れることを諦めて、手技療法のお店へ通い続け、「仮初めの健康」を享受すればいい。

大切なのは「何のために?」という”目的”の部分。

あなたは何を求めてこのブログを読んでいるのか?
何のために整体や治療院へ通っているのか?

不調を解消し、本質的な健康を手に入れる考え方はここで全てお伝えしていく。
そして、何を目指すのか?を選ぶのは、あなた次第だ。

健康が当たり前の世界になりますように。