読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

健康になるために生まれてきたんじゃない。人生を楽しむために生まれてきたんだ

カラダを調える考え方

f:id:sousuke1202:20170307233646j:plain

このブログでは「”当たり前の健康”を手に入れるための考え方・方法」をお伝えしている。

だが、みんながみんな健康を目指さなくてもいいし、時には不健康な選択をしてもいいと思う。
なぜなら私たちは”健康になるため”に生まれてきたのではなく、この世界を、人生を、そして自分自身を楽しむために生まれてきたからだ。

”健康”は人生を楽しむための手段だ。
すべてを捨てて健康を手に入れようとしなくてもいい。

健康だけを目指している人はつまらないと思う。だって健康を手に入れるためには自分自身を含め、犠牲にしなくてはいけないものが多すぎるから。

だからと言って不健康になっていいというわけではない。不健康だと自分の全力を出せなくなるから。

今日は私の「健康観」のお話。
肩こりや腰痛、冷え性やむくみ、生理痛や慢性疲労など、”不調に悩んでいる人”は今回の記事を読むことで、少しだけ自分に優しくなれるし、何が大切かを見つけることができるかもしれない。

健康によって失われるものと得られるものを明確に

私は全力で健康でいたいと思う。なぜならその方がパフォーマンスが上がるから。

仕事にしても、遊ぶにしても、食べるにしても、寝るにしても、”健康”である方がその瞬間を味わうことができる。

逆に不調の時はどうだろう?
肩こりが気になって仕事が捗らないかもしれないし、頭痛の時はご飯の味がわからなくなる。腰が痛くて寝返りを打つのも辛い人がいれば、すぐに疲れてしまい旅行を満喫できないこともある。

だから不調は解消したいし、人生を楽しむために健康でいたいと思う。

だからと言って健康がすべてではない。
健康を最優先にしてしまうと楽しむことすらできなくなるからだ。

「ファッション」を例にしてみよう。

ヒールを履けばふくらはぎの筋肉をうまく使うことができずに、足の冷えやむくみに繋がってしまう。
ネックレスは地味に首の負担になるし、手首足首を出す服装は華奢には見えるが冷え性の原因にもなる。

だからもし本当に健康のことを考えるなら、ファッションなんてなくなってしまう。
ヒールも履けなくなるし、スカートもはけない、アクセサリーもつけられない。

でもそれじゃあつまらない。全然自分を楽しめない。

ヒール履くことで気分が上がるならいいし、アクセサリーをつけることで可愛くなるならそれでいい。

これは”食事”でも”睡眠”でも”運動”でもすべて同じだ。

不健康でも本当に美味しくて本当に食べたい食べ物があれば食べればいい。
睡眠時間を削ってでも遊びたいなら遊べばいい。
フルマラソンなんて走れば体へのダメージは計り知れないが、達成感を味わいたいなら走ればいい。
あまりに痩せてても不健康で見た目も悪くて免疫力も低下するけど、それでもどうしても細い体を手に入れたいならダイエットすればいい。

大切なのは、”自覚すること”だ。

自分にとって本当に大切なことは何か?
この行為によって失われるもの、得られるものは何か?

これらをちゃんと自覚できるのなら、本当に大切なヒト・コト・モノを優先できているのなら、健康が後回しになってもいいだろう。

私は健康と夢の両方を手に入れたいから

私自身、今このブログを書くことで肩が凝っている。
だけどそれでいいと思う。だって私には世界に向けて伝えたいことがあるから。
私には一時の肩こりよりも、今この文章を書くことの方が優先順位が高い。だから肩こりになるけど書き続ける。

私は甘いもの大好きだ。チョコ系のスイーツを食べると、とても幸せな気持ちになる。
だけど変なスイーツを食べるとカラダが嫌がる。
ちょっと体が重くなるし、ちょっと眠くなる。
それでも私からスイーツを奪うことはできない。それが人生の楽しみの一つでもあるから。

カラダのことを考えると、パソコンやスマホなんて使ってられないし、スイーツやラーメンも食べれなくなってしまう。
でも私にとってカラダが一番ではないから少しだけ後回しになる。

ただ、カラダを後回しにしすぎることはない。カラダが元気じゃないと、人生が楽しくなるから。

あまりに肩こりがひどければ良い文章を書くことはできないし、調子が悪い時にスイーツを食べても美味しくない。

だから日々カラダの声を聴きながらちょっとだけ無茶をする。
そして無茶をした分だけ、ちゃんとカラダを労わる。

いっぱい文章を書いた日は肩が凝る。だから肩を緩めるチューニングをする。
スイーツも連日は食べない。次回のスイーツを完璧に美味しく味わうために、体調を調える。

まとめ-大切なのはバランス。アタマとカラダ、両方を大切に

私たちは健康になるために生まれてきたのでもなければ、不調を解消するために生まれてきたのでもない。
人生を楽しむために生まれてきた。
だから本当に大切なことのためにはカラダを後回しにする時があってもいい。

罪悪感に苛まれてはならない。
不健康でも本当に食べたければ食べてしまおう。
「食べると体に悪いなぁ」なんて考えて食べていては美味しくなくなってしまう。
食べるときは思いっきり味わう。食べた分だけ体をいたわってあげればいい。

仕事に集中するときは思いっきり集中しよう。
「あまり長時間同じ姿勢でいると体が固まるからなぁ」なんて考えたら集中できなくなってしまう。
でもその代わり、仕事が終わった後は体を動かして固まった体を緩めてあげよう。

カラダを後回しにした分は、ちゃんと後でカラダを労ってあげる。
そうすることで、世界を、人生を、自分を全力で楽しむことができるようになるから。

健康が当たり前の世界になりますように。