読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”の考え方が変われば、健康が当たり前になる

カラダを調える考え方 施術者の方々へ

f:id:sousuke1202:20170309203115j:plain

肩こりや腰痛など、何かしらの”不調”に悩む日本人は8割にものぼる。
その反面、整体・治療院やリラクゼーションサロンなどの”不調を解消するためのお店”は全部合わせると15万店以上あると言われ、その数は全国のコンビニの数よりも圧倒的に多い。

この日本の現状に大きな違和感を感じる。

「 ”不健康が当たり前の世界”から”健康が当たり前の世界”に変えるためには一体何をどう変えればいいのだろうか?」

健康が当たり前の世界を創るためには、”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”、この二人の「考え方」を変える必要がある。

一体どういうことか?一人ずつ詳しく説明していこう。

【不調に悩む人へ】→自分のカラダを大切にしてほしい。何よりも。

人は気付かないうちに自分のカラダを後回しにしてしまいがちだ。なぜなら後回しにしてもすぐには悪いことは起きないから。

ちょっと体に悪いけど美味しいものを食べる。
ちょっと翌日に響くけど夜更かしする。
ちょっと運動不足だけど、まぁいいか。

こんな風に目の前の快楽や誘惑、”緊急だけど重要じゃないこと”を優先してしまい、ちょっとずつ自分のカラダが後回しになっていく。
そのちょっとずつが積み重なり、今のあなたの肩こりや腰痛などの不調を作っている。

だからそのちょっとをやめて、自分のカラダを最優先してほしい。
カラダを大切にすることは、”緊急ではないけど重要なこと”だ。

「自分優先」ができるようになれば、自分が本当に大切にしたいことを優先できるようになる。これは実はとても大切なことなんだ。

あなたが何のために生きているのかは知らないが、きっと「私はこのために生きている!生まれてきたんだ!」という”何か”があるはずで、その”何か”を大切にするためには”自分を大切”にしなければならない。じゃないとそもそも本当に大切な”何か”がわからなくなってしまうから。

もちろん「自分を大切にする!」と決めるだけでは足りない。その”決意”を”行動”を持って自分に示そう。

例えば、自分の体調を調えるための方法を知る。体に関しての最低限の知識を身につけ、不調を解消するための方法を実践し、継続する。

それができればあなたの不調は解消して、本当に大切なことを見失わずに済むから。

そして「体に関しての最低限の知識」や「不調を解消するための方法」はこのブログやもう一つのブログBODY TUNING MAGAZINE随時説明していくので安心してほしい。

【不調を解消するプロの人たちへ】→本当に不調を解消するために必要な人になってください

リラクゼーションサロン、整体院、整骨・接骨院。
これらは「不調を解消するためのお店」だ。
主に”手技療法”と言われる、「揉んだり動かしたり整えたりといった”手技”を使って他人の力で体の不調を取り除くお店」だ。

そしてこれらのお店の数は最初に言った通り15万店以上あると言われている。

「正直こんな必要なくない?」と思う。

なぜならこれら手技療法(手技で体を整え不調を解消しようとする方法)では本質的にカラダは変化しないから。

その証拠にこれだけのお店があるにも関わらず、不調に悩む人は年々増加している。
もちろんテクノロジーの発展によって体を動かす機会が減ったというのもあるが、そもそもこういったお店は”一時的に”不調を解消するためのお店であり、不調を根っこから取り除けるお店ではないからだ。

あなたもサロンや治療院といった「不調解消の専門店」に行ったことや通ったことがあると思うが、どうだっただろう?確かにその場では筋肉はほぐれ、骨格の歪みは整えられ、身体は軽くなり、調子は良くなっただろう。

だけどそのあとは?1週間、よくて2週間はもつかもしれない。だけどまたすぐに元に戻ってしまったのではないだろうか?通ってた時は調子も良かったけど、通わなくなるとまた以前の”いつも不調状態”になってしまったのではないだろうか?

もしかしたら「最初は通ってて、今は通わなくなったけど、ずっと好調でいられる」という人もいるかもしれない。でもそれって結局自分でケアするようになったからではないか?プロに教えられたセルフケアを試して、継続することができた人は不調がなくなるかもしれないが、結局そこにプロの手は必要だったのだろうか?

「手技療法」の”必要性”と”問題点”

もちろん不調を解消するために「プロの手技」が必要な時はある。

・長年、体に負担をかけ続けて、体がガチガチに硬くなっている人。ぐちゃぐちゃに歪んている人。
・子供が生まれたばかりでどうしても自分の時間が取れない人。疲れすぎて自分で体をケアする気力すらも湧かない人。

こんな方々はまずプロの手技に頼るのもいい。

本当に体がガチガチになっているなら自分の力だけでは緩めることは難しいし、歪みすぎている場合も自分で整えるのは難しいからだ。
こういう方々はさっさとプロに頼んで、「自分でケアできるレベル」まで体を緩め、整えてもらうのがいいだろう。

だがずっとプロの手に頼っていても根本から不調が解消されることはない。
なぜなら肩こりや腰痛といった不調の原因は、
・運動不足
・疲れやすい体の使い方
・醜い姿勢
にあるからだ。

これらの問題を解決するためには、”必ず”自分で体を動かす必要がある。

「プロに体を動かしてもらえば運動不足解消になるのではないか?」
「わざわざ自分でやらなくても整体してもらえば姿勢もよくなるんだけど?」

と疑問に思う方もいるかもしれない。
だが”他人に動かしてもらう=他動運動”と”自分で動かす=自動運動”とでは「筋肉への作用」も「脳への作用」も全く違う。
自分で動かした方が圧倒的に体は改善される。
この辺の理由はまた別の記事で説明するが、とにかく体の性質としてそういうものなんだ。

整体院や治療院にエンドレスで通う羽目になる理由

それなのにも関わらず、整体師や治療家の人たちは、

「体が不調になるのは当たり前。だから定期的にお店に通う必要がある」
「定期的に通えば不調は解消される」

という。

そしてお店へ行くたびに”体の歪み”や”生活習慣の問題点”を指摘され、「また次回、また次回」と永続的に通う羽目になる。

また、もう少し良心的なお店では、

「肩こりを自分で解消するためにはこのセルフケアをしてください」
「こういう風に姿勢に気をつければ不調になりにくいですよ」

ということを教えてくれる体の専門家もいるだろう。

だが言われたことを素直にやる患者さんやお客さんは少ないし、「それができたら最初から不調になっていない」という話だ。

そして伝えられたことをできない患者さんやお客さんは、「自分じゃできないからお金を払ってプロにお任せしよう」と思い、患者さんやお客さんが通ってくれることが密かに嬉しいプロの人たちは「一緒に改善していきましょう!」と言いつつ、大した成果を残せないまま長い年月が経つことになる。

まとめ

「じゃあ、整体師や治療家、セラピストを含めた”体の専門家”は一体どうあるべきなのか?不調に悩む人は何に頼ればいいのか?」
これに関しては次の記事で伝える。

今回覚えておいてほしいのは2つ。

・”不調に悩む人”は自分の体の優先順位を上げること
肩こりや腰痛といった”不調”はあなたが思っている以上にあなたの人生に悪い影響を与えている。逆に不調を解消することができれば、本当に大切なことを大切にできるようになるから。

・”不調を解消するプロ”の手では不調は解消されないこと
本質的に体に変化を起こし、不調を解消するためには、必ず自分で体を動かす必要がある。この事実の中で「整体師や治療家など”手技療法のプロ”ができることは何なのか?」を改めて考えてみてほしい。

本屋やネットに並んでいるような小手先のテクニックでは不調は解消されないし、他人の手に頼っているうちは、本質的な健康が手に入ることはない。

不調によって失うもの。健康によって手に入れるもの。
単純にこの2つを天秤にかけてみてほしい。

「健康の方がいいのはわかっているけど、なかなか行動に移せない」という人もいると思う。
そういう人のために、このブログを書いているので、少しずつでもいいから”カラダの大切さ”、”健康の大切さ”に気づいていただけるように頑張る。

自分のために頑張れなくても、大切な人のためなら頑張れると思うから。

健康が当たり前の世界になりますように。