読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララライフ!

心と体の健康を取り戻すためのブログ

3つのステージに分けて選べば、自分に合ったお店(サロン・整体院)が見つかる!

f:id:sousuke1202:20170329215729j:plain

「手技療法」とは、”揉む”・”叩く”・”動かす”・”伸ばす”といった手技によって、お客さんの体を整えることだ。

硬くなった筋肉を緩め、歪んだ骨格を整え、動きにくくなった関節を動かすことで、肩こりや腰痛といった不調が解消される。

そして、「手技療法のお店選び」をする時のポイントは、「ステージに分けてお店を選ぶ」ということだ。

「自分に合ったお店が全然わからない」という人は、”ステージ”に分けることで「自分に合ったお店」、「自分に合ったスタッフ」選びやすくなるので、参考にしてほしい。

ステージは大きく分けて3つに分けられる。

①ジャンル別
②お店別
③施術者別

一つずつ簡単に説明していこう。

①ジャンル別

”手技療法のお店のジャンル”は「リラクゼーションサロン」・「整体院」・「接骨院(治療院)」の3つに分けられる。

それぞれ資格取得までの期間や流れ、学ぶことが大きく違うので、自然と施術の仕方や接客にも差が出てくる。

ただ以前の記事でも説明した通り、整体院と接骨院の区別がなくなってきたり、柔整の資格を持つ人がリラクゼーションサロンで働いていることもあるので、全く別々とは言えなくなってきている。

だがお店選びの最初の段階として、まずは「リラクゼーションサロン」・「整体院」・「接骨院(治療院)」という3つのジャンルから絞るのがわかりやすいと思う。

 

②お店別

「ジャンル別」の下のステージは「お店別」だ。

例えば、

「改善系のリラクゼーションサロン」
「癒し系のリラクゼーションサロン」

など、同じ「リラクゼーションサロン」という”ジャンル”でも、その”お店”によって特色が大きく変わる。

「改善系のサロン」では、お客さまを癒しつつも、”不調の根本改善”を目指しているので、

「次は◯◯までに来た方がいいですよ」
「家でこのセルフケアをしてくださいね」

というふうに勧められるし、施術中の会話(ヒアリング)も多く、その場の体の状態に合わせて臨機応変に施術をしていく。

逆に「癒し系のサロン」では、会話はほとんどせず、施術も、

「足から始めて、徐々に上に上がっていく」
「ソフトでゆっくりとしたペースでほぐす」

など、ある程度流れが決まっている。
セルフケアはあまり具体的に勧められることはなく、来店周期に関しても、「疲れたらまたお越しくださいね。」というスタンスだ。

「整体院」や「接骨院(治療院)」も、お店によって施術の仕方が変わる

意外と知られていないのが、「国家資格」である、”柔道整復師”、”あん摩マッサージ指圧師”、”鍼灸師”の施術や接客も「お店別」で大きく変わる。

「え?セラピストや整体師は”民間の資格”だから資格を取得する会社(お店)や学校によって施術の仕方が変わるのはわかる。
でも”国家資格”はみんな同じような専門学校で技術や知識を学ぶからあんまり差はなんじゃないの?むしろ差が有ったらまずいんじゃないの?」

と思う方もいるかもしれない。

だがそんなことはない。

「国家資格保有者」は体を整えるための基本的な技術や知識は学校で習うが、「国家資格保有者」もセラピストや整体師と同様に、「お店に出てからが本番」みたいなところがある。

接骨院や治療院、また整体院も”個人で経営している院長”が多く、その院長の「方針」や「施術の仕方」、「考え方」、「目指すもの」が、その院長のもとで働く施術者にも大きく反映される。

キクチが過去に経験した2つの接骨院の違い

私自身、過去に腰痛のため2つの接骨院を利用したことがあるが、それぞれの施術は、

【接骨院A】
・施術の流れー電気治療→鍼治療→マッサージ
・時間ー計60分くらい
・料金ー自由診療で6000円弱

【接骨院B】
・施術の流れー電気治療→柔整
・時間ー計20分くらい
・料金ー保険診療で700円程度

というふうに、AとBで施術内容が大きく変わった。

だから「一度接骨院を試したけど、内容や時間が思っていたのと違かった。もう接骨院は利用しない。整体院を探そう」と思うのは早計で、接骨院にも色々種類があるので、下調べをした上で、色々試してみることをオススメする。

(ちなみに接骨院や整体院の施術内容や料金・時間はエキテンから確認できるので、参考にしてほしい)

③施術者別

お店に行けば必ず「合う施術者」「合わない施術者」がいる。

「合う・合わない」は”上手い・下手”や”歴の長さ”とは別物で、その施術者の”考え方”や”人間性”、”性格”によることが多い。

例えば「”癒し”を求めてサロンへ行った時」

指名数が多くて、歴も長いベテランスタッフで、そのサロンの中で一番上手なスタッフでも、そのスタッフが「改善ゴリ押し系」で、「ベラベラ喋る系」で、「揉むリズムが速い系」だった場合、「癒しを求めてサロンへ行ったあなた」の”ニーズ”には合わない。

それならきっと、「おっとり癒し系」で、「指の当たりが広くて柔らかい揉み心地」で、「ゆったりペースで揉んでくれる」施術者の方があなたに合うはずだ。

こればかりは、受けてみないとわからないのが難しいところだが、様々な手技や接客を受けていると、だんだんと自分の好みがわかってくる。

例えば”施術”なら、

「指の当たりが広くて、柔らかく、ゆったりペースでじっくり揉まれるのが好きだな」
「指の当たりが鋭くて、ツボにビシッと入って、ガシガシ揉んでくれるのが好きだな」「ずっとうつ伏せのままで身動きを取らずに揉まれたい」
「揉まれてもほぐれないから、横向きや仰向けで体を動かしてほしい」

といった感じ。

”接客”なら、

「いっぱいお喋りできるのがいい」
「あまり会話をしたくない」
「ちゃんと体の説明やセルフケア、来店周期を教えてほしい」
「ただ癒されたいだけだから、体の説明もセルフケアも周期も別にいらない。その分の時間をちゃんと揉んで」

といった感じに分けられる。

基本的には、お店のコンセプトに沿った”施術”や”接客”をされるが、同じお店でも施術者によって、やり方はだいぶ変わることを覚えておこう。

まとめ

「自分に合うお店選び」は3つのステージに分けられる。

①ジャンル別
「リラクゼーションサロン」、「整体院」、「接骨院(治療院)」という3つのジャンルから選ぶステージ

②お店別
同じジャンルでも、経営する会社や院長によって、お店の施術内容や雰囲気は大きく変わる。
お店別で選ぶステージ

③施術者別
同じお店でも、施術者の考え方や経歴、正確によって施術内容が変わる
施術者別で選ぶステージ

「なかなか自分に合うお店が見つからない」という人は、「自分がどのステージで迷っているのか?」を把握することで、自分に合うお店を見つけやすくなるだろう。

せっかく手技療法のお店に通うのなら、ぜひ自分に合うお店を見つけよう。

健康が当たり前の世界になりますように。