TUNING

肩こり・腰痛を解消するためのメディア

【TUNINGとは?】あなたの不調を解消する方法を徹底解説

f:id:sousuke1202:20171104203901j:plain

肩こり・頭痛・腰痛・冷え性・むくみ・慢性疲労・悪い姿勢etc

これらをまとめて「不調」と呼ぶことにする。

そして【TUNING】とは、”不調解消メソッド”だ

つまり、TUNINGをすることで、あなたが抱える不調を解消することができる。

TUNINGは3つのステップに分けられる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • 【STEP1-リリース】筋肉を緩める

  • 【STEP2-エクササイズ】筋肉を動かす

  • 【STEP3-トレーニング】筋肉を鍛える

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回は、TUNINGについて、これらの3つのステップについて詳しく解説していく。

「マッサージや整体に通っても不調が解消しない」という方、
「自分でヨガやストレッチをしているけど、いまいち効果を感じれらない」という方は、
今回の記事を読むことで、「自分の不調を根本的に解消する方法」を理解することができる。

【STEP1-リリース】筋肉を緩めるとは?

f:id:sousuke1202:20171104180616j:plain

そもそも、あなたの不調の”原因”は何なのか?

一言でいうと、「筋肉の硬直」が主な原因だ。

それぞれの”不調に関連する筋肉”が硬直することで、あなたは不調を感じている。

不調ごとの筋肉が硬直している部位は、ざっくりと以下の通りだ。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • 肩こり
    →首・肩甲骨・胸椎・腕・胸・脇の筋肉の硬直

  • 頭痛
    →頭・顔・首・胸椎・鎖骨の筋肉の硬直

  • 腰痛
    →背骨沿い・お尻・股関節・太もも・ふくらはぎの筋肉の硬直

  • 冷え性
    手の冷え→肩甲骨・脇・胸・腕の筋肉の硬直
    足の冷え→お尻・股関節・太もも・ふくらはぎ・足の筋肉の硬直

  • むくみ
    お尻・股関節・太もも・ふくらはぎ・足の筋肉の硬直

  • 慢性疲労
    お尻・股関節・ふくらはぎ・背骨沿い・肩甲骨の筋肉の硬直

  • 悪い姿勢
    太もも・股関節・お尻・背骨沿い・肩甲骨・胸の筋肉の硬直

(もちろん、”偏頭痛”は気圧の変化が原因の時もあるし、”冷え性”や”むくみ”は食べ物や内臓の状態にも大きく左右されるけど)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

つまり、
不調の原因が”筋肉の硬直”なら、筋肉を緩めれば不調は解消するよね!」という、とても単純な理屈だ。

f:id:sousuke1202:20171104180821j:plain
(▲あなたの不調の原因は”筋肉の硬直”→筋肉を緩めれば不調は解消する)

で、【リリース】ではどうやって筋肉を緩めるのか?

方法は大きく分けて2つある。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  1. マッサージ
    =ツールマッサージ・ハンドマッサージ

  2. ストレッチ
    =コントラクティブ・ローテーション・スライド・ムービング

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

もちろん、「マッサージ」といっても、ただ筋肉を揉みほぐすだけではないし、
「ストレッチ」といっても、ただ筋肉を伸ばすだけでは終わらない。

なんせ【リリース(TUNING)】の売りは、
お店で受けるマッサージや整体よりも、筋肉を緩め、骨格を整えることができる点」だからだ。

お店で受ける「マッサージ」は、基本的には”指”や”手”で筋肉を揉みほぐすだけで終わる。

だが【リリース-マッサージ】では、以下のように筋肉を緩めていく。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • 筋肉をほぐしながら動かす

  • 筋肉の付け根=関節を緩める

  • 体重圧&持続圧で”深層の筋肉”を緩める

  • 骨格を整えるように緩める

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

だからこそ、お店で受けるマッサージよりも、筋肉をゆるゆるに緩めることができる。

f:id:sousuke1202:20171104181627j:plain
(▲ストレッチポールやテニスボールといった”ツール”を使えば、”深層の筋肉”や”関節”まで緩めることができる)

また【リリース-ストレッチ】では、以下のように筋肉を緩めていく。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • 筋肉を伸ばすだけでなく、縮める

  • 筋肉を伸ばしながら&縮めながら動かす

  • 骨格を整えるように伸び縮みさせる

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

だからこそ、その辺にある整体院よりも、筋肉を整えることができるのだ。

f:id:sousuke1202:20171104203106j:plain
(▲筋肉を伸ばす×縮める×動かすで、筋肉を効率的に緩める)

「マッサージや整体に行っても効果を感じられない方」や、
「そもそもお店に行く時間やお金が勿体無い」と思う方は、
ぜひ【リリース】で硬直した筋肉を緩めて、不調を解消してほしい。

【STEP2-エクササイズ】筋肉を動かすとは?

f:id:sousuke1202:20171104203259j:plain

さて、ここで一つ疑問がある。

「そもそもなぜ、筋肉は硬直するのか?」という疑問だ。

簡単に答えを言ってしまうと、
筋肉の動かさなすぎ&筋肉の使いすぎ」が、筋肉が硬直する原因だ。

もっとわかりやすく言うと、
長時間の同じ姿勢&悪い姿勢」だ。

つまり、”デスクワーク”・”スマホをいじっている時”
=「長時間同じ姿勢」や、
”猫背”・”内巻き肩”・”反り腰”・”片側重心”
=「悪い姿勢」により、筋肉は硬直する。

f:id:sousuke1202:20171104203405j:plain
(▲長時間の同じ姿勢&悪い姿勢=筋肉の動かさなすぎ&筋肉の使いすぎ=筋肉の硬直)

この辺をどうにかしないと、いくら【リリース】で筋肉をゆるゆるに緩めても、またすぐに不調に逆戻りしてしまう。

そこで、【エクササイズ】だ。

【エクササイズ】では、ヨガの「サンサルテーション(太陽礼拝)」というのをやっていく。

ヨガの十数個のポーズを、呼吸に合わせて連続してとっていくのが「サンサルテーション」だ。

f:id:sousuke1202:20171104203226j:plain
(▲サンサルテーション)

「サンサルテーション」をする目的は2つある。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  1. 良い姿勢を身につけるため

  2. 良い体の使い方を身につけるため

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この2つは、僕自身がヨガを続けて、身についたと思った2つだ。

ヨガでは、一つ一つのポーズをとるのに、いちいち意識しないといけないポイントが多いのだけど、
続けていると、自然とそれらのポイントを意識して、楽に美しいポーズがとれるようになる

そうして気づいた時には、日常生活の姿勢や体の使い方まで美しくなっていて驚いた

f:id:sousuke1202:20171104203533j:plain
(▲ヨガを続けると、良い姿勢&良い体の使い方が身につく)

「だから、全国民にヨガスタジオに通ってほしい!」と思っているのだが、それが簡単にできない人もいるだろう。

そこで、
じゃあ、ヨガのポーズのポイントがギュッと凝縮された”サンサルテーション”をお伝えすればいいのでは?」と思ったのだ。

もちろん「長時間同じ姿勢」でいる限りは、筋肉は硬直しやすいだろう。

だが、「良い姿勢&良い体の使い方」を身につければ、筋肉は硬直しづらくなる。

仮に硬直したとしても、【リリース】や【エクササイズ】で筋肉を動かせば、「不調になりにくい体づくり」をすることができるのだ。

【STEP3-トレーニング】筋肉を鍛えるとは?

f:id:sousuke1202:20171104203612j:plain

まず、【リリース】と【エクササイズ】でほとんどの不調は解消する

不調の原因が「筋肉の硬直」なら、【リリース】で筋肉を緩め、【エクササイズ】で筋肉が硬直しにくい体づくりをすれば、不調が解消するのは当然だ。

ただ、それでも不調が解消しない人がいる。

それは、「筋肉が弱化している人」だ。

【エクササイズ-サンサルテーション】で身につけられるのは、「良い姿勢&良い体の使い方」の”意識だけ”だ。

だが、「良い姿勢&良い体の使い方」を身につけるためには、”意識”だけじゃなく”筋肉”も必要だ。

根本的に筋肉が弱くなっていれば、いくら意識したところで、「良い姿勢&良い体の使い方」をすることができない。

なぜなら、「筋肉が弱いと骨格が歪むから」だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • 猫背&反り腰
    →体幹の筋肉の弱化

  • 内巻き肩
    →肩甲骨を寄せる筋肉の弱化

  • 頭が前に出る
    →頭を後ろに引く筋肉の弱化

  • O脚&X脚
    →太ももの筋肉の弱化(内外差)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

f:id:sousuke1202:20171104203654j:plain
(▲筋肉が弱い→骨格が歪む→悪い姿勢&体の使い方になる→筋肉が硬直しやすい)

だから、【トレーニング】で筋肉を鍛えていく。

弱化した筋肉を鍛えれば、骨格を整い、「良い姿勢&良い体の使い方」を身につけることができる(不調になりにくい体を作れる)からだ。

では【トレーニング】では具体的に何をするのか?

「コアトレ×スロトレ×ヨガ」をミックスしたトレーニングを行う。

基本的には、「体幹(コア)」をターゲットにして、
「ゆっくりとした動作で」、「呼吸に合わせて」、トレーニングを行っていく。

f:id:sousuke1202:20171104203803j:plain
(▲コアトレ×スロトレ×ヨガで”良い筋肉”がつく→骨格が整う→筋肉が硬直しづらくなる)

もちろん、「骨格を整えること」が目的の一つなので、
「”内巻き肩”で肩こりに悩んでいる人」は、”肩甲骨を寄せる筋肉”を重点的に鍛え、
「”O脚”でむくみに悩んでいる人」は、”太ももを寄せる筋肉”を重点的に鍛えるなど、
自分の悩んでいる不調(歪み)に合わせて、基本のトレーニング+αで筋肉を鍛えていこう

まとめ

【STEP1-リリース】筋肉を緩める

  • 【リリース】の方法は、「マッサージ」と「ストレッチ」の2種類

  • 不調の主な原因は「筋肉の硬直」なので、筋肉を緩めれば不調が解消する

  • 自分の不調に合わせて、「緩める筋肉」と「緩める方法」をカスタマイズする

【STEP2-エクササイズ】筋肉を動かす

  • 【エクササイズ】の方法は、「サンサルテーション」

  • 筋肉が硬直する原因は「筋肉の動かさなすぎ&使いすぎ」
    =「長時間の同じ姿勢&悪い姿勢」

  • 良い姿勢&良い体の使い方の”意識”」を身につけるには、
    =「筋肉が硬直しにくい体」をつくるためには、サンサルテーションが最適

【STEP3-トレーニング】筋肉を動かす

  • 【トレーニング】の方法は、「コアトレ×スロトレ×ヨガ」

  • 筋肉が弱化していると、骨格が歪み、「良い姿勢&良い体の使い方」ができない

  • 筋肉を鍛えて、骨格を整え、「良い姿勢&良い体の使い方」をしやすい”肉体”をつくる

  • 基本は「体幹(コア)」を鍛える
    自分の不調に合わせて、鍛えるポイントを増やす

いろいろと細かく解説してきたが、シンプルに言うと、
筋肉を緩めて、動かして、鍛えれば、あなたの不調は解消します」ということだ。

具体的なやり方は、あなたの不調ごとにカテゴリーに分けて解説していくので、そちらをご覧あれ。 

あなたの不調が解消しますように。